自分と向き合う時間

This is teacher R.

自分の仕事、自分の人生、それらにおいての目標達成までの現時点での途中経過、

それらを整理するのに一日40分「自分と向き合う時間」をつくるのは大切なことだそうです。

英会話の習得にあたってこの「自分と向き合う時間」が復習です。

復習によって新しく得た知識を自分の頭の中で整理することが大切です。

そうすることによって「何が分からないのか」「何が苦手なのか」がはっきりわかるものです。

ボーリングでスコアを上げるにも、ただひたすら玉を投げ続けるのでは、精度を上げるのに限界があります。

自分の玉が右に反れがち、左に反れがち、狙ってるコースがそもそもストライクに繋がるコースではない、、、

などなど、立ち止まって冷静に考えて改善していかないと、いつまで経っても「マグレ」の領域から抜け出せないものです。

英会話において自分ひとりの時間をつくって冷静に考え、復習することはとても、とても大切なのです。

自分の英会話と向き合って復習する時間を設けてみると、グッとレベルアップに繋がります。

すでに英会話に挑戦されているみなさん、是非「復習」に意識をおいてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする