きつかったら前に戻ればいい(^^)

英会話アレルギー克服専門の英会話講師
大西です。

寝坊しました(^^)

ほとんど夢を見ない私は、

なぜか昨日は、

たぶん3つほど夢を見たようです。

そしたら2度寝して、oh!

音読は30回にしときました(^^)

昨日はじめての会話を
オーバーラッピング30回してたので、

今日はいきなりシャドウィングいけるかな〜

と思って、やってみました。

3回やったとこで、

こりゃ戻ろっと♪と思いました。

戻るというのは、

オーバーラッピングに戻るということ。

シャドウィングは、

会話のシーンを思い出にする作業で、
影のように遅れて言う間に、
シーンのイメージがドラマのように
映像で出てくるようにするものです。

口がマメらないと、
意識が口にいって、
会話のイメージに意識がいきません。

人間、
同時にひとつのことしかできません。

シャドウィングやっても、
自分の口を動かすのに忙しいと感じるなら、

オーバーラッピングに戻って、

オーバーラッピングをCDとピッタリ合わせることに戻ります。

そうすることで、
口の動きが滑らかになります。

口の動きが滑らかになると、
シャドウィングの時の
ストレスがなくなります。

シャドウィング無理!と思ったら、

オーバーラッピングに戻ったらいいのです。

オーバーラッピング無理!と思ったら、

CDの後に一文ずつリピーティングに戻ればいいのです。

音読は、
眉間にしわ寄せてする苦行ではありません。

音読は、
自分の可能性を広げる
愉快なものです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする