Controversial issues

先日、Jack Reacher(title in Japan:Outlaw)の試写会に行ってきました。Tom Cruiseの最新作です。

ストーリーは、thrilling and exciting でとてもよかったです。個人的には、Mission Impossible シリーズのEthan Hunt よりこちらの主人公のほうに好感がもてました。お勧めです。

こういったaction movieは、常に人気ですが、銃激戦は毎回、すさまじいものがありますね。次々と人が倒れていく…。その音と映像に時には体が硬直することがありますが、アメリカでは、銃の存在が人々にこんなにも身近なものなんだなと、今回改めて感じました。射撃場には、IDさせ通れば、誰でも出入りが自由なようですし、残念なことに銃犯罪は後を絶ちません。Obama大統領が先日の就任式での演説でふれていましたが、このGun control (銃規制)とSame-sex marriage(同性婚)は、アメリカが長年抱える、controversial issue(論議を呼ぶ問題)だということです。

4年前と比べると大統領人気は若干、下降ぎみのようですが、やはりこの指導者に期待する方は多いと思います。銃の使用を支持する団体は確かに存在しますが、Gun controlについても何かしらの動き、変化があることを期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする